FC2ブログ

2017年夏 甲子園3日目 第一・第二試合


大会3日目・第一試合 日本航空石川 VS 木更津総合

今大会注目度NO.1投手だった 山下 輝(木更津総合3年)左腕。コンスタントに140キロ台のストレート(NAX144キロ)を、コーナーや低めに集めるなど速球の威力・コマンドは悪くなかった。ただし変化球でカウントを整えるのに苦労し、なかなかスライダーやチェンジアップで空振りを誘う場面まで持って来られなかったこと。そして苦し紛れに最後、速球で勝負せざる得ない状況を作ってしまい14安打をきっした。終始そういった収まりの悪さが改善されず、千葉県予選ほどのピリッとした内容ではなかったところは残念。持ち前のランナーを背負ってからの粘り強さも全国大会を主戦として投げた経験がなく、キャリアの浅さが最後の最後で逆転を許す格好となってしまった。大学進学が基本線だという話だが、県大会からの内容を加味すると、志望届けを提出した場合2位前後での指名があっても不思議ではない。貴重な将来先発ローテーションが期待されるサウスポーだが、大学に行って何か得るものがあるのかは疑問なのだが・・・。

一方の日本航空石川の先発・佐渡 裕次郎(3年)右腕は、常時135~140キロ前半のストレートに、身体の近くでキュッと曲がるスライダー、シンカー系のショート回転して沈む変化球とのコンビネーション。この球を、低めに集める丹念なピッチングが持ち味。あまりに低めに集めるので、打者が低めに目付けしやすいので、もう少し高めに吊ったり、両サイドのコーナーワークも使えるようになると狙われ難くなる。ドラフト候補云々というスケール型ではないが、完成度の高い投球を、今後いかに膨らませて行けるかではないのだろうか。

また1年秋の神宮大会で活躍し注目された 峯村 貴希(木更津総合3年)遊撃手は、このときの輝きを取り戻せないまま最後の夏を終えることになる。186/82 の大型遊撃手で、グランド映えする選手。遊撃手としてもかなり安定感を増してきて、地肩も基準以上。むしろ問題は、打撃の確実性がもう一つといった感じ。持ち得る潜在能力は高そうだが、まずは大学で総合力を引き上げ4年後を目指すべきではないのだろうか。

山下 輝 (木更津総合3年)投手 187/87 左/左
峯村 貴希(木更津総合3年)遊撃 186/82 右/左

佐渡裕次郎(日本航空石川3年)投手 182/75 右/右

大会3日目・第二試合 開星 VS 花咲徳栄

花咲徳栄の先発・綱脇 彗(3年)右腕は、ゆったりとしたフォームから投げ込む正統派。球速は130キロ台後半と驚くことはないが、小さく身体の近くで曲がる実戦的なスライダー、緩いカーブ、左打者には外に逃げてゆくツーシームと一通りある。高校の間に本格化しきれなかった印象だが、身体がビシッとして来ると面白いかもしれない。特にツーシームに威力があるので、この球を中心に投球を組み立ててゆきたい。うまく大学で総合力を高められると、卒業時には指名レベルに入ってきても不思議ではない。

またドラフト候補の 清水 達也(花咲徳栄3年)右腕は最終回に登場。少々癖のある腕の使い方をするフォームから、145キロ前後の高校生離れした重い球を投げ込んでくる。しっかりテイクバックできない分、変化球が曲がりきらず抜けることが多いのが難点。それでもストレートのコマンドがあるので、四死球で自滅する危うさは見た目よりも少ない。もう少し長いイニングでの登板もみたいが、プロ側の評価も高く中位~下位指名ぐらいでの指名があるのではないのだろうか。

また昨年から4番を任される 西川 愛也(花咲徳栄3年)左翼手も有力な指名候補。この選手の最大の特徴は、バットを強く振れる割にコンタクト能力も非常に高い  柳田 悠岐(ソフトバンク)外野手タイプ。まだ余計なアクションが多いのと、守備が左翼手、走力も平凡という部分をどう見るか?ただし打撃の潜在能力は相当高く、高校から指名される選手だろう。打撃の潜在能力は凄そうで、大物に化けるかもしれない。

また来年世代の野手の中でも期待されるのが、野村 佑希(花咲徳栄2年)一塁手。少々打席で力が入りすぎて打球が上がらない傾向があるものの、甲子園で初ヒットを記録したことで以後の試合に期待がかかる。打撃の能力には確かなものがあり、来年は三塁ぐらいを無難に守れるようだと、貴重な右の大砲候補として評価が急騰するかもしれないスター候補。

開星では、2番を打っていた 杉本 涼(2年)遊撃手が目立っていた。動きの良い遊撃守備に加え、右に左へと打ち返す幅のある打撃は必見。身体は小さいが、来年は島根を代表する野手に育ちそう。また3番を打つ・葉田 翔人(3年)右翼手は、打撃では結果が出なかったものの右翼守備で存在感を示した。強肩・好守のプレーヤーで、県大会.423厘の打撃も、予選の模様を観てレポートを作成したい。大学でも、野球を続けて行ける素材だろう。また最後に投げた 加納 智也(2年)左腕は、まだ130~135キロ程度ではあったものの、球筋がしっかりしていてボールに球速以上の強さがあった。キレのあるスライダーもあり、来年の開星を引っ張ってゆく存在ではないのだろうか。

綱脇 彗 (花咲徳栄3年)投手 180/80 右/右
清水 達也(花咲徳栄3年)投手 182/83 右/右
西川 愛也(花咲徳栄3年)左翼 180/78 右/左
野村 佑希(花咲徳栄2年)一塁 185/87 右/右

杉本 涼 (開星2年)遊撃 167/72 右/左
葉田 翔人(開星3年)右翼 170/77 右/左
加納 智也(開星2年)投手 180/84 左/左

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード