FC2ブログ

2017年(44) BCリーグ選抜 VS DeNA 前編

BCリーグが、選抜チームを作ってNPBの二軍と試合をします。その皮切りに、DeNAとの試合を行いました。今回は、2回に分けて気になった選手に取り上げてみたいと思います。

渡邉 雄太(BC新潟・26歳)投手 186/85 左/左

長い手足を活かした左サイドハンド投手で、現在BCリーグの防御率部門1位に位置するリリーフ投手です。ここまで46試合に登板し、1勝2敗16S 防 1.29 。 球速は130キロ前後(MAX83マイル・134キロ)とありませんが、左打者の背中越しから来る球筋を武器にします。さらにサイド特有の大きく横曲がりするスライダーのキレは一級品で、対左打者に特化した投球が光ります。リーグで防御率1位になっているぐらいですから、このフォームでも右打者にもある程度投げられるからなのでしょうし、2試合観戦して特に右打者を逃げてにしている様子はありません。短いイニングの投球でわからないことも多いのですが、こういった投手を探している球団には面白い存在ではないのでしょうか。リーグでは、55回2/3イニングで46安打で被安打率は、82.7%。少し高いのは、やはりキレで勝負するタイプで、球威・球速がやや弱いからでしょう。奪三振は、イニングを遥かに上回る66個。四死球18個で、四死球率は32.4%とイニングの1/3以下ですから基準レベルにはあります。育成枠あたりならば、面白い存在になり得るのではないのでしょうか。26歳と年齢もいっているので、一年目から使えるか使えないというのがハッキリするタイプだと思います。

高井 ジュリアン(BC信濃・21歳)投手 176/81 右/左

東海大三時代から、知る人ぞ知る存在でした。右のスリークォーターから、MAX86マイル・138キロのストレートに、キレ味抜群のスライダーを武器にしています。今日は、打者3人を3奪三振と完璧な内容。リーグでは、27試合 12勝2敗 防 2.08 でリーグ5位の成績を誇ります。12勝はリーグ2位の成績であり、先発をこなす日本人では1位の防御率でもあります。NPBを目指すにはストレートが物足りないレベルなのですが、スライダーは右打者がタイミング合わないブレーキと曲がりをしているので、この球が通用するかどうかにかかっています。被安打率は82.9%、奪三振率は、1イニングあたり0.81個と先発としては基準以上。四死球は17.1%であり、制球力はかなり安定していると言えます。ちょっと右投手としては、パンチ不足と判断されるかもしれません。スライダーのキレと安定した制球力、ゲームメイク能力に、高卒3年目の若さで、どう評価されるか?

山崎 悠生(BC信濃・24歳)投手 173/78 左/左

非常に正統派のサウスポーといった感じで、昨年指名されるのではないかと期待していた一人です。球速は135~87マイル・140キロを記録するキレのある真っ直ぐに、今日はスライダー・カーブなどが見られました。今シーズンの成績は、37試合 0勝2敗21S 防 2.23 とクローザーとして活躍。44回1/3イニングで、被安打23本は被安打率51.9%は極めて優秀。今日は四球を出していましたが、四死球率は20.3%と非常に左腕でも安定した制球力。奪三振49個もイニングを上回っています。数字的には申し分ないのですが、今日見る限り球威・球速がもう一つで、フォームもオーソドックスな投手だけに、左腕ですがどう判断されるかは微妙です。昨年指名が見送られたのも、同じような理由からではないのでしょうか。個人的には、昨年から大きな上積みが感じられないだけに、あまり推せないというのが現状です。こういった左腕に、需要があるかだと思います。いずれにしても、育成で指名があるかないかといったレベルではないのでしょうか。

和田 康士朗(BC富山・18歳)中堅 184/68 左/左

小川高校の陸上部に在籍していたものの、退部して15歳からクラブチームとして野球を続けた変わり種。今年から、BCリーグに参加した若手野手。今日は、2番・中堅手として一二塁間を破るヒットで出塁していました。ソフトバンクの 柳田悠岐 をお手本に、フルスイングをモットーとしている選手。リーグ戦では、68試合 1本 14打点 14盗塁 打率.271厘 という成績。成績的には際立つものはないのですが、出塁すればすかさず盗塁。中堅の守備でも前に落ちそうな判断の難しい打球をダイビングキャッチするなど、ガツガツしたものが今日見ている選手の中で一番伝わってきた気がします。打球判断にはまだ甘さはあるものの、ボールを最後まで一生懸命追ったり、地肩も基準レベルはありそう。複数球団からマークされている素材だと先日も記事になっていましたが、確かに育成ならば指名があるかもと思わせてくれる好選手でした。

纐纈 英騎(BC新潟・23歳)一塁 180/92 右/左

ガッチリした体格のパワフル打者で、国吉佑樹 からレフトポールにぶち当たるホームランを放ちました。この選抜チームでも、4番・一塁手として出場。リーグ戦では、62試合(239打数) 9本 55打点 12盗塁 打率.351厘(8位) という成績を残しています。ホームランを打つまでは、少し固いかなぁという印象ではあったのですが、パワーはあるのだと実感し、選抜チームの4番を任されていただけのことはあるのでしょう。ただし239打数で9本塁打だとすると、仮にNPBのレギュラー選手並の500打数でも19本ぐらいのペースなので、長距離打者というよりは中距離のポイントゲッターなのではと。DeNA戦では一塁手でしたが、巨人戦では三塁手としてアピール。あまり上手い三塁手ではなさそうでしたが、地肩はまずまずで最低限守れます。将来的には、一塁か外野あたりになって、売りの打撃を生かすことになるかもしれません。その能力を買って、プロ側でも高く評価している球団もあるようです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード