FC2ブログ

2018年 大学選手権二日目・神宮球場・第一・第二試合


大会二日目・神宮球場第一試合 富士大 VS 中京大

富士大の先発・村上 英(宇都宮南出身4年)右腕は、ガッチリした体格から140キロ前後の~140キロ台中盤の速球を投げ込む馬力溢れる速球派。変化球もスライダー・チェンジアップ系の球があり、さらに小さく沈むツーシーム系の球が速球との見分けが難しく有効。大卒プロというほどの絶対的なものは感じられないが、2年後までにワンランク総合力を引き上げて来ると、即戦力としての期待がかかる存在になるのではないのだろうか。球団に寄っては、使い減りしないリリーフタイプとみて、指名リストに入れて来る球団もあるかもしれないが。

中京大では、5番を打つ・池田 鏡介(愛知啓成出身4年)捕手が目立っていた。左打者には珍しくクロスに構える選手で、上半身はガチガチに固めているものの、見事に外角の球を払ってライトスタンドまで叩き込んで魅せたりとパワフル。捕手としても、しっかり押し込めるキャッチング・ワンバウンド処理も下から素早くミットが出ているなど大型でも動きは悪くない。リードは、強気にインコースを使って来るタイプで、周りにもしっかり指示が出せるリーダーシップ溢れる捕手。大学からプロとは言わないまでも、社会人などで充分やって行けそうな攻守にバランスの取れた大型捕手だった。ドラフト候補となりえるのか? 2回戦以降も見極めてゆきたい。

富士大では、楠 研次郎(東海大相模出身4年)中堅手が豪快にライトスタンドへ一発を放ったり、佐藤 龍世(北海出身4年)三塁手がパワフルな打撃で長打を連発した。楠はバットが振れるハードパンチャーでありながら、塁間4.0秒前後の俊足も兼ね備える。肩も基準レベルぐらいはありそう。佐藤は、空振りをしてもバランスが崩れないスイングと、気迫溢れるプレーヤーでサードの守備の動きも好く強肩。しかし大学からプロとなると、2人ともどうだろうか?

村上を序盤で諦めた富士大は、2番手に・佐々木 健(木造出身4年)左腕を投入。非常にオーソドックスなフォームから、常時140キロ台~中盤を記録する球速の持ち主であり、スライダー・チェンジアップのキレも悪くなくバランスが取れている。時々身体が前に突っ込んだりと着地までが早くフォームが淡白なのは気になるが、左腕で140キロ台中盤を連発できる希少価値は高い。ゲームメイクできる先発タイプというよりも、リリーフの方が持ち味は出そうだが。いずれにして、これだけ投げられるサウスポーは大学生でも貴重なので、ドラフトでも中位ぐらいでの指名ならば充分期待できるのではないのだろうか。

また中京大最後に登場した 山本 一輝(東邦出身2年)左腕も、腕をコンパクトのたためるフォームで打者がタイミングが合わせ難い。特に高めの140キロ台~中盤の速球には威力が、容易にはバットに当てることができない。スライダー・チェンジアップ系の球もあるが、変化球のキレ・精度はこれからといった感じか。まだストライクゾーンめがけて投げているだけという感じではあるが、これから投球術などを磨けば2年後は上位指名を意識できる素材ではないのだろうか。

村上 英 (富士大4年)投手 182/94 右/右
楠 研次郎(富士大4年)中堅 181/80 左/左
佐藤 龍世(富士大4年)三塁 176/75 右/右
佐々木 健(富士大4年)投手 180/80 左/左

池田 鏡介(中京大4年)捕手 181/86 右/左
山本 一輝(中京大2年)投手 180/80 左/左

大会二日目・神宮球場第二試合 東日本国際大 VS 神奈川大

東日本国際大の先発は、全国大会の経験もある 船迫 大雅(聖光学院出身4年)右腕。右サイドハンドから135~140キロぐらいのピュッとキレる速球に、スライダー・シンカーなどを織り交ぜる。確かに好投手ではあるのだけれども、大学からプロといった凄みは感じられない。変化球も身体の近くでキュッと曲がる実戦的なスライダーなどがあり、ストレートの球威・球速が増して来るようだと、2年後は指名圏内に入ってくるかもしれない。ただし、かなりもう完成された投手との印象うける。

「濵口遥大(DeNA)二世」と異名をとる 重田 準之助(佐賀西出身3年)左腕は、常時140キロ前後の速球と、カーブ・スライダーを織り交ぜるピッチングスタイル。同時期の濱口は、すでに150キロ級のボールを投げていことを考えると、2枚ぐらい劣る印象は否めない。来年ワンランクボールの勢い・球速を増してくればドラフト候補にも入ってくるだろうが、現状は社会人タイプといった感じのサウスポーだった。

そんななか、東日本国際大の2番手・粟津 凱士(山本学園出身4年)右腕の投球が光った。腰高のサイドハンドという感じのフォームで、球速は常時130キロ台後半~140キロ台前半と驚くほどのものはない。しかし全く力みのないフォームにはまだ余力があり、強烈なシンカーを併せ持つ。右打者に対してはスライダーも使え、指名ボーダーラインぐらいの位置づけには入ってきそう。打者に散々粘られても、顔色変えず自分のピッチングを続ける姿にも好感が持てた。

神奈川大では、最後に投げた 中野 貴仁(大分商業出身4年)右腕も、地味に良かった。中背の体格からコンスタントに140キロ台を越えてくるのだが、それ自体は驚くほどではない。しかし粟津のシンカーに目を奪われがちだったが、むしろ空振りを奪える・タイミングを狂わされるという意味では、この中野のフォークの方が落差があって有効だった気がする。ドラフト候補には見えないが、今後も彼の投球を社会人などでも見てみたい。

野手では、神奈川大の核弾頭・江越 啓太(川崎工科出身4年)遊撃手が、ヒットを連発。高校時代に「柳田(SB)二世」とも呼ばれた 梶原 昂希(大分雄城台出身1年)が、5番・中堅手として出場。2本の長打を放つなど、将来楽しみな大型外野手。一塁までの塁間も、3.9秒前後で走り抜ける能力があり高い身体能力を秘めている。また東日本国際大の核弾頭・青木 龍成(日大山形出身4年)DHが、2安打を放って気を吐いた。できれば、守るところを見てみたかったというのが率直な感想だろうか。

粟津 凱士(東日本国際大4年)投手 180/80 右/右
船迫 大雅(東日本国際大4年)投手 172/62 右/左
青木 龍成(東日本国際大4年)DH  168/64 右/左

重田準之助(神奈川大3年)投手 176/77 左/両
中野 貴仁(神奈川大4年)投手 176/70 右/右
江越 啓太(神奈川大4年)遊撃 176/71 右/左
梶原 昂希(神奈川大1年)中堅 188/83 右/左

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード