FC2ブログ

2018年 大学選手権二日目・神宮球場・第三・四試合


大会二日目神宮球場・第三試合 京都学園大 VS 日大国際関係学部

日大国際関係学部の先発・続木 悠登(横浜商大高出身4年)右腕は、オーソドックスな好投手。キレイなフォームと回転のボールを投げる投手で、130キロ台後半~140キロ台中盤まで記録していた。昨年までは、あと一歩球威・球速に物足りないものがあった。しかしこの試合を見る限り、そういった違和感はだいぶ薄れつつある。カーブ・スライダー・フォークなどの変化球も、身体の近くで曲がる実戦的なもの。こういった球を織り交ぜて、ピッチングを続けてくる。まだ大卒プロという絶対的なものは感じられないが、社会人などで総合力がさらに引き上げられるようになると、2年後にはプロを視野に入れられるようになってくるだろう。

日大国際関係は、二番手にもうひとりエース・小澤 拓馬(日大三島出身4年)右腕が登場。続木が正統派の投手ならば、こちらはガッチリした馬力型。球速は130キロ台後半~140キロ台中盤と続木とさほど変わらないが、続木の方が回転が好いボールで空振りがとれる反面、小澤は球威があって詰まらせる球質。変化球はスライダー・縦の変化などがあるが、少し縦の変化が早すぎて見極められやすいのが気になる。大学からプロという絶対的なものはないが、社会人で2年後を目指して欲しい内容だった。しいて言えば、もう少し身体のキレも重視して欲しい。弟は、小澤 怜史(ソフトバンク)であり、兄弟プロが実現する日を楽しみにしている。

京都学園大の先発は、川瀬 航作(米子松蔭出身4年)右腕。足を大きく引き上げて腕も遠回り出てくる感じの、独特のフォームをしているサイドハンド。球速は140キロ前後と驚くほどではないのだが、足が結構タイミングを取るのに邪魔で、ボールも荒れ球で的が絞りにくい。それでいて身体近くで小さく曲がるスライダーのキレがあり、高速で小さく沈むスプリットも厄介。大学からプロといったタイプでないと思うが、打者としては嫌な投手なのではないのだろうか。社会人などで、さらに球威・球速が増して来ると面白い存在になりそうだが、ひょっとしたらこの嫌らしさを高く買う球団があってもおかしくはない。

また川瀬の投球を支えるのが、橋本 昴稀(地球環境出身4年)捕手の存在。ミットに吸い込まれるようなキャッチングができる選手であり、ワンバウンド処理もミットが素早く下から出るなどキャッチングはピカイチ。スローイングも1.9秒前後でも、捕ってから投げるまでの動作に無駄なく、正確に走者の滑り込んでくるところに投げ込んでくる。バッティングは8番打者ではあるが、ライト前にきっち打ち返すなど、けして打てない選手ではない。ディフェンスだけで言えば、今年の大学生捕手の中でも、屈指の力量ではないのだろうか。そういった部分を評価して、指名して来る球団があるかもしれない。

続木 悠登(日大国際関係4年)投手 180/80 右/右
小澤 拓馬(日大国際関係4年)投手 174/93 右/右

川瀬 航作(京都学園大4年)投手 182/84 右/右
橋本 昴稀(京都学園大4年)捕手 175/73 右/右

大会二日目・神宮球場第四試合 日本文理大 VS 苫小牧駒沢大

苫小牧駒沢大の先発は、駒大を中退し苫小牧駒沢大に再入学した 伊藤 大海(駒大苫小牧出身2年)右腕。今春のリーグ戦では、52イニングで97奪三振という、驚異的な奪三振数を誇っていた。コンスタントに140キロ台後半~150キロ台前半を記録する速球は、さほど球威はないもののボールの勢いと回転の良さが光る空振りの奪える球質。キレのある縦横二種類を武器に、たまにカーブやフォークなどの沈む球も投げてくる。元々好投手タイプだっただけに、コントロールなどに不安がなく、マウンド捌きも悪くない。順調にゆけば、2年後の有力な1位候補に入ってくるのではないのだろうか。それでもこの速球に対し、文理大打線が思いのほか空振りしないのにも驚いた。

日本文理大では、下級生の頃から140キロ台中盤を記録していた 鶴永 竜治(川内出身4年)右腕が140キロ前後の速球を披露。しかしほとんど速球で押すピッチングも、コントロールにバラツキが目立った。また昨年から比べても、目に見えた成長は見られず残念。現状は、ドラフト候補というよりも社会人タイプなのだろう。

また最後に投げた 清松 紳也(龍谷出身4年)左腕は、球速は130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらいと平凡。むしろ左打者の遠くに逃げてゆくスライダーや右打者の外角に沈むチェンジアップなどの変化球の方が目立っていた。文理の先輩でドラフト候補の 坂本 光士郎(新日鉄広畑)左腕の大学時代と比べると、ストレートでは坂本投手、まとまりや変化球はこの清松の方があるような気がする。社会人などでストレートに磨きがかかってくれば、まとまりのある左腕だけにプロへの可能性が出てくるかもしれない。

伊藤 大海(苫小牧駒沢大2年)投手 175/80 右/左

鶴永 竜治(日本文理大4年)投手 179/73 右/右
清松 紳也(日本文理大4年)投手 172/75 左/左

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード