FC2ブログ
東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2018年夏 甲子園大会二日目レポート前編

第一試合 山梨学院 VS 高知商

山梨学院の先発は、ドラフト候補の 垣越 建伸 (3年)左腕。非常に静かな動き出し、ボールが見えてから一瞬でミットに突き刺さるフォーム。そのため打者も球の出どころが見難く、高めのウエストボールでも思わず手が出てしまって空振りしてしまっていた。山梨県予選でほとんど見られなかった変化球を、甲子園ではスライダー・チェンジアップ・カーブなどを織り交ぜ投球。しかしまだ背中の痛みが残るのか? 5回1/3イニングを9安打・3四死球・9失点 と散々たる内容に。スライダー・チェンジアップなどでカウントを稼げるものの、決め手となるのは高めのストレートを振らせること。明徳義塾・市川を攻略してきた強打で、イニングに進むにつれ甘い球を逃さない高知商打線に捕まった。しかし本人がプロ志望届けを提出すれば、指名はほぼ確実な状況。本人が身体の不安をどう考えるかはわからいないが、順位的には4位前後ぐらいになるのではないかとみている。

山梨学院大は、2番手で登板した 鈴木 博之(3年)右腕も、MAX143キロを記録。重心を深く沈ませたスリークォーターで、スライダー・シンカー系の球を織り交ぜてくる。馬力がありそうな素材で、大学などで素質が開花しても不思議ではない。野手ではバックスクリーンに叩き込んだ 中尾 勇介(3年)中堅手は、右打席から4.0秒を切る(左打者換算で3.75秒弱)の快速でもあり、山梨予選で6盗塁を稼いだ片鱗を魅せてくれた。予選では打率.611厘とハイアベレージで、この試合でも5打数の2安打。山梨予選の模様も含めて、内容を見極めてみたい。

また下級生では、本塁打を放った5番の 野村 健太(2年)左翼手や、1年生ながら3番を務めた 栗田 勇雅(山梨学院)捕手など下級生にも楽しみなタレントが揃っていた。

また高知商は、対象的に突出した選手はいない模様。そんななか1年生ながらスタメン出場していた 西村 貫輔三塁手が、左投手を打つお手本のような見事な右方向への打撃が光った。また三塁手としても守備範囲が広く、今後高知を代表する野手に育って行きそうだ。ヒットを打ちまくっていた打線だけに、次戦以降も気になった選手がいたら、ここに加筆する形で加えてゆきたい。

垣越 建伸(山梨学院3年)投手 183/93 左/左
鈴木 博之(山梨学院3年)投手 180/87 右/右
栗田 勇輔(山梨学院1年)捕手 172/79 右/右
中尾 勇介(山梨学院3年)中堅 175/78 右/右
野村 健太(山梨学院2年)左翼 180/88 右/右

西村 貫輔(高知商1年)三塁 165/65 右/右

第二試合 作新学院 VS 大阪桐蔭

大阪桐蔭の先発・柿木 蓮(3年)右腕は、リリーフだと140キロ台後半の魂のこもったボールを投げ込んでくる。先発だと140~中盤ぐらいとややスケールダウンして見映えがしなくなる、山崎康晃(DeNA)タイプ。変化球は、スライダー・フォークなどがある、主にストレートフォークのコンビネーション。そういった意味では、上のレベルではリリーフでこそ持ち味が発揮されそうなタイプではある。マウンド度胸も素晴らしく、それでいてコントロールにも大きな破綻はない。プロ志望届けを提出すれば3位以内で指名されそうな投手ではあるが、名門大学などに進みそうなタイプにも見える。本人が、どのような判断をするのか大会後は注目が集まるだろう。

ドラフト1位候補の 藤原 恭大(大阪桐蔭3年)中堅手は、相変わらず三拍子ハイレベルにまとまった選手。特に春からの成長は、打球に角度がつけられるようになってきたことで、より長打が目立つようになってきたこと。春までは将来トリプルスリーを狙える素材とも評されたが、そこまで打球が上がるタイプかな?と疑問に思っていた。しかしこの夏の打撃を見てみると、柳田 悠岐(ソフトバンク)をも彷彿させる雰囲気が出てきたことは頼もしい。果たして1位指名されるかどうかは、他の候補者や各球団のチーム事情で左右されそうだ。

同じく1位候補の 根尾 昂(大阪桐蔭3年)遊撃手は、ショートとしての守備に格段の成長が感じられる。出だしの一歩目の動きが鋭くなり、捕ってから投げるまでのスピードもアップ。それでいて、元々定評のあるスローイングの正確さも維持できている。また三塁打の三塁到達タイムが、11.15秒秒ぐらいと想像以上の脚力を秘めていることを改めて認識。打撃でもちょっとのんびりしたところがあったのだが、目の色が変わってきたのか甘い球を逃さない「鋭さ」が出てきた。藤原のように持ち得る能力を出し惜しむことなく出すのに対し、持ち得る能力をまだまだ出し切れていなかった印象だったが、だいぶその辺も変わってきた。レベルの高い選手たちに囲まれれば、まだまだ秘めたる能力も引き出されそう。立浪 和義(PL学苑-中日)の高校時代と比べると、守備ではまだまだ劣るが打撃の潜在能力では上回っているのではないのだろうか。高卒ながら、一年目からプロのショートストップを任せられる選手になるかもしれない。そういった意味では、高校生ショートとしては立浪以来の大物なのではないのだろうか。1位指名は、間違いないだろう。

作新学院では、1番を任せられた 横山 陽樹(1年)右翼手が、初球から臆することなくスイングする思いっきりの良さが光った。また2年生ながらショートを任せられている 石井 巧(2年)遊撃手も、堅実な守備が光っていた。また4番の 沖 龍(3年)一塁手は長打こそなかったが、柿木レベルの球でもきっちり捉えてはじき返していた打力は本物だった。大学での活躍にも、注視しておきたい選手だった。

柿木 蓮 (大阪桐蔭3年)投手 181/85 右/右
根尾 昂 (大阪桐蔭3年)遊撃 177/78 右/左
藤原 恭大(大阪桐蔭3年)中堅 181/78 左/左

沖  龍 (作新学院3年)一塁 180/78 右/右
横山 陽樹(作新学院1年)右翼 177/75 右/右
石井 巧 (作新学院2年)遊撃 178/80 右/右

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.