FC2ブログ

東都リーグレポート

今後の生観戦において誰に注目すべきかと、リーグ戦観戦を前にネット中継で気になる選手にめぼしをつけたいと思います。

国学院大 VS 立正大

国学院の開幕戦を任されたのは、横山 楓(宮崎学園出身・4年)右腕。引き上げた足を曲げ伸ばしして、なかなか地面を捉えない変則フォーム。球速は常時135キロぐらいだと神宮のガンは辛めに見えましたが、角度と勢いからはプラス4,5キロ程度は速く感じさせるものがありました。ピンチの場面ではギアをあげて140キロ台を連発し、神宮のガンでも145キロまで到達。スライダー・チェンジアップ・カットボールなどを織り交ぜ、コンビネーションで抑えに来ます。高校時代から宮崎では注目されてきた選手で寸評も作成したことがあるのですが、ぜひこの選手は生で確認してみたいと思わせる選手です。私が二日間チェックした中では、東都一部では一番ドラフト指名される可能性が高い投手ではないかと思います。生でみて、その実力がどのレベルにあるのか把握してみたい投手でした。

国学院では最後に、小玉 和樹(佼成学園出身・4年)右腕が登場。球速の出なかった神宮のガンでも、コンスタントに140キロ台~MAX146キロ(確認した中では)を投げ込み、低めで糸を引くように伸びてくる速球には見るべきものがあります。小さく沈むスプリットのような球やスライダーなどもあるのですが、上背のない選手の悲しさか? 角度がないのでボールの勢いほど打者が苦にしてくれない。1つ1つのボールには良いものがあるが、この選手は社会人などに進むことになりそう。

第二戦の先発を任された 吉村 貢司郎(日大豊山出身・4年)右腕は、先発でもコンスタントに140キロ台(MAX147キロ)を記録するなど、球速はドラフト候補の水準を満たすものがある。しかし変化球はカウントを整えるスライダーぐらいで、勝負どころでの決め手欠けるところが気になる。社会人などでこの辺の問題が改善されて来ると、プロ入りも見えてくるかもしれない。現状は、大学からの指名は厳しいのではないかとみている。

上出 拓真(札幌第一出身・3年)右腕は、非常に静かに始動するフォームで、それでいて140キロ台中盤(MAXは確認した中では147キロ)の球速を連発して来る。肘が突っ張って投げるスリークォーターだが、アーム式特有の変化球の曲がりがあり、特に縦のシンカーの落差には見るべきものがあった。とても不思議な感覚に陥る選手ではあるのだが、今やこれだけのボールを投げられるようになっており、来年はスカウトの目にも留まって来るだろう。

昨年日本一になった立正大だったが、今年のチームには突出した選手がいない。エースが期待される 糸川 亮太(川之江出身・3年)右腕は、緒戦でピリッとせず5回で降板。またもっと凄い球投げられそうな 赤川 諒(弘前学院聖愛・出身)右腕も、140キロ出るか出ないかで物足りない球速だった。このへんの投手陣が奮起しないと、今シーズンは厳しい状況になりそうだ。

横山 楓 (国学院大4年)投手 181/84 右/両
小玉 和樹(国学院大4年)投手 168/70 右/右
吉村貢司郎(国学院大4年)投手 183/80 右/右
上出 拓真(国学院大3年)投手 183/82 右/右

糸川 亮太(立正大3年)投手 170/71 右/右
赤川 諒 (立正大4年)投手 182/90 右/右

駒沢大 VS 亜細亜大

亜細亜大の先発・内間 拓馬(宜野座出身・3年)右腕は、今や東都屈指の豪腕投手に成長。球速のでないこの日のガンでもコンスタントに145キロ前後(MAX147キロ)を叩き出し、力強い速球で相手をねじ伏せに来る。変化球は、たまにスライダーを投げる程度。コントロール・投球術・変化球ともにレベルが高いとは言えないが、来年のドラフト候補に入ってくるのは間違いなさそうだ。

亜細亜大2戦目の先発を任されたのは、松本 晴(樟南出身・1年)左腕。プロ志望届けを提出していれば、指名は濃厚だったろうと言われていた選手です。ゆったりしたモーションから、130~140キロぐらいのストレートに、スライダーとのコンビネーション。まだ球威・球速という部分では物足りないが、手元でしっかりキレるので打者には5キロ増しぐらいには感じられそう。スライダーの曲がりが平凡なのと、チェンジアップ系の球が観られないのが気になるところ。4年間で計画的に肉体の向上に務め、最上位でのプロ入りを目指して欲しい有望株。

また 平内 龍太(神戸国際大付出身・3年)右腕も、140キロ台後半を連発する重い速球が武器。カーブのようなどんよりしたスライダーなどをたまに投げるが、変化球に特徴的なものがない。それでもコントロールも荒れ荒れといったほどではないし、ボールの威力は東都でもトップクラスなので来年の候補として注視してゆきたい。

駒大では、近江時代からプロから注目されてきた 小川 良憲(4年)右腕がリーグ戦初登場。スリークォーターから常時140キロ前後(確認した中ではMAX143キロ)の球速は平凡だが、ボールの伸び・勢いにはさすがのものがあった。他にスライダーが高めに浮いたり沈む球もあったが、実戦勘が鈍っているのか中々試合を終わらせることができなかった。これからリーグ戦が進む中で、何処までの投球勘を取り戻しアピールすることができるのか? 引き続きみてゆきみたい。

高校日本代表の経験を持つ 上野 翔太郎(中京大中京出身・4年)投手は、130キロ台の球速が中心で高校時代の輝きはまだ取り戻せていない。カーブ・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜコンビネーションで仕留めるタイプだが、内角を突いた渾身のストレートは144キロを記録。今後の巻き返しに、期待を持たせてくれた。洗練されたマウンド捌き、修羅場をくぐり抜けてきたマウンド度胸は、この投手の真骨頂。しかしドラフト候補というよりは、社会人などで活躍を期待したいタイプではないのだろうか。

また捕手で主将の 鈴木 大智(関東一出身・4年)は、安定感抜群のスローイングで再三の盗塁を刺していたのが目を惹いた。捕手としても細やかなところまで意識の行く繊細な捕手であり、ディフェンス面では好感が持てる。3年間の通算出場数は3試合と実績には欠けるが、今後も追いかけてみたい好選手だった。逆に、この実績で主将を任されていることが興味深い。

また4番を任される 平野 英丸(静岡出身・4年)三塁手は、当たった時の破壊力は抜群。確実性には乏しいが、今後の試合で自慢の長打力が発揮されれば面白い存在になりそう。

内間 拓馬(亜細亜大3年)投手 179/84 右/右
松本 晴 (亜細亜大1年)投手 180/78 左/左
平内 龍太(亜細亜大3年)投手 186/90 右/右

小川 良憲(駒沢大4年)投手 178/78 右/右
上野翔太郎(駒沢大4年)投手 174/76 右/右
鈴木 大智(駒沢大4年)捕手 177/75 右/右
平野 英丸(駒沢大4年)三塁 178/78 右/左

東洋 VS 中央大

ドラフト注目の 佐藤 都志也(東洋大4年)捕手は、第一戦こそ無安打に終わったが2戦目はマルチヒットを放つなど存在感を示した。無理なくボールを捉えられる技術は確かで、捕手ながらこれだけの打力を誇っている選手は今年の候補の中でも一番だろう。相変わらずプレースタイルは捕手っぽくなく感じられるものの、周りには細かく指示を出したり、チームの主将としてリーダーシップのあるところを示していた。いずれにしても打てる捕手が欲しい球団が、上位で指名して来る可能性は高そうだ。単純に打つ・投げるといった肉体のポテンシャルは一級品だった。

東洋大の 野木 海翔(九州国際大付出身・4年)右腕は、脱力したフォームから140キロ前後の速球を投げ込む好投手。凄みはないがまとまりがあり、プロ云々ではないが環境次第では社会人あたりでも重宝されそうなタイプ。また1年生でチームの後ろを任されているのが、河北 将太(浦和学院出身・1年)右腕。テンポの良い投球と、マウンド度胸に優れた好投手。球速こそ140キロ前後だが、そのボールには適度な勢いが感じられる。スライダーでカウントを整えフォークなどでも空振りを奪えるなど、安心してマウンドに送れる完成度の高さがある。

中央大では、2戦目でリリーフした 皆川 喬涼(前橋育英出身・2年)が抜けていた。高3夏には150キロをすでに記録していたが、球速の出にくい今の神宮でもコンスタントに140キロ台後半の球速を刻む。ボールの質・勢いも良く、力で押せるだけのボールを持っている。その他緩いカーブや小さく沈むスプリットなどもあるが、これといった変化球があるわけではない。それでもコントロールに破綻がないので、2年後には上位指名が有力視される一人だろう。東都では先発ならば内間(亜大)、リリーフならばこの皆川と平内の球威・球速が目立っている。

また高校日本代表などでもお馴染みだった 古賀 悠斗(福岡大大濠出身・2年)捕手も、だいぶ大学野球に慣れてきた感じ。洗練されたディフェンスに加え、右に左へと打ち返す実戦的な打撃で第二戦では3安打の活躍を魅せた。このまま順調にゆけば、2年後のドラフトはほぼ間違いない。凄みのある素材というよりは、総合力・センスに秀でたタイプなのだろう。

佐藤都志也(東洋大4年)捕手 181/83 右/左
野木 海翔(東洋大4年)投手 183/85 右/左
河北 将太(東洋大1年)投手 175/81 右/右

皆川 喬涼(中央大2年)投手 179/80 右/右
古賀 悠斗(中央大2年)捕手 172/75 右/右

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード