FC2ブログ

2020年 甲子園交流大会2


大会二日目第一試合・天理 VS 広島新庄

天理では、オール3年生でのぞみ県大会では登板のなかった 達 孝太(2年)右腕が登場。192/83 の長身右腕で、コンスタントに140キロ台(MAX143キロ?)を記録。角度のある速球を軸に、スライダー・フォークなどを交えてくる。昨秋に比べると、だいぶビシッとしてきてはいるが、まだ身体にゆるさが感じられる。それでも秋からは、ドラフト候補としてマークされる存在あるのは間違い無さそうだ。来夏までに、どのぐらいの投手に成長して来るか?

チームで絶対的な存在である 下林 源太(3年)三塁手は、この試合ではノーヒットで終わりアピールできなかった。身体は小さいが、県大会で特大のホームランを放つなど強打には光るものを持っている。チームでも精神的柱と呼ばれるリーダーシップは、大学に進んでも生かされそうだ。

また 杉下 海星(2年)遊撃手は、深いところからも送球が乱れないスーパープレイを披露。昨秋から、とにかくスローイングが全く乱れない守備には驚かされた。打順は9番を務めていたように、センスは感じられるもののやや弱い。体格も小柄で高校からプロという選手かどうかは微妙だが、全国屈指の守備力を誇るショートストップ。今後も、追いかけて行きたい一人である。

一方の広島新庄でも目立ったのは、2年生ショートの 瀬尾 秀太(2年)遊撃手。こちらは、スピード感溢れるプレーで、守備範囲が広くキャッチングに特徴がある。打撃もスイングが強く、小柄でも中々の強打者ぶりだった。ただしスローイングに少し雑なところがあり、送球が乱れることがあるのは気になった。深いところからでも、きっちりアウトにできる地肩はあるだけにもったいない。また1番打者の 大可 尭明(2年)二塁手も、俊足・巧打で目立つ存在。このニ遊間は、来年の広島でも注目されてゆく存在ではないのだろうか。

達  孝太(天理2年)投手 192/83 右/右
下林 源太(天理3年)三塁 168/70 右/左
杉下 海生(天理2年)遊撃 167/64 右/左

瀬尾 秀太(広島新庄2年)遊撃 160/63 右/左
大可 尭明(広島新庄2年)二塁 175/64 右/左

大会二日目第二試合・創成館 VS 平田

両チームの遊撃手が、目立つ試合でした。平田の核弾頭・保科 陽太(3年)遊撃手は、右打席から4.1秒前後で走り抜ける脚力があります。これを左打者に換算すると、3.85秒前後に相当するタイムです。遊撃手としては送球が乱れる場面も見られましたが、丁寧にプレーしようとする意志が感じられました。上のレベルでも、この足を武器に野球を続けて行って欲しいです。

一方の創成館では、1年夏から甲子園でプレーしていた 松尾 力基(3年)遊撃手が攻守で目立ちました。難しいバウンドの打球を、前にチャージしながらアウトにした好守には目を見張るものがあります。打撃でも対応力があり、上のレベルでも順応して行ける攻守があるとみます。体格は小柄で高校からプロ云々ということはないと思いますが、大学や社会人などで続ける中で、そのチャンスが巡ってくることを期待したいセンスのあるプレーヤでした。

保科 陽太(平田3年)遊撃 174/71 右/右

松尾 力基(創成館3年)遊撃 165/67 右/左

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード