FC2ブログ

2021年春 東都リーグレポート1


亜細亜大 VS 国学院大

亜細亜大の開幕戦の先発は、岡留 英貴(沖縄尚学出身・4年)右腕。重心の低いサイドに近いスリークォーターといった感じのフォームからコンスタントに140キロ台中盤のキレのある真っ直ぐを投げ込んでくる。相手に的を絞らせないように、小さく曲がるスライダーだけでなく、ツーシーム・シンカー系の球や緩いカーブなどを駆使して工夫は感じられた。確かに悪い投手ではないのだが、それでもイニングが進んでしまうと対応されてしまうのは、あと一歩ボールの球威やスリークォーター故に合わされやすいからなのだろうか? 現状は、ドラフト候補としては位置づけられても、指名となると絶対的なものはなく、有力な社会人チームに進むタイプなのではないかと思えてくる。ただし、今後のリーグ戦の内容次第では、指名圏内にリストアップして来る球団も出てくるかもしれない。

国学院大の野手では、最終学年を迎えた 福永 奨(横浜高出身・4年)捕手が攻守で存在感を示した。キャッチングや打球への反応に優れているだけでなく、高めや内角も駆使した幅の広いリードをしてくる。また送球も1.9秒台前半だったものの、走者をドンピシャのコントロールで捕殺していた。また、これまで打撃での印象が弱まっていたが、その辺も打撃への意識も傾ける余裕も生まれ、全ての打席でしっかりボールを捉えており、内容もよかった。こちらは、有力な指名候補として今後も追いかけて行きたい。

またこの試合で大活躍だったのが、山本 ダンテ 武蔵(国学院大4年)DH 。大阪桐蔭時代から、全国の舞台で活躍してきた選手。外角一杯の難しい球をライトスタンドに叩き込むなど、腕っぷしの強さは一級品。身体も、高校時代に比べるとかなりゴツくなってきた。元々俊足・強肩の身体能力はあるだけに、なんとか守備でもアピールできると、育成あたりでの指名もあるかもしれない。

また亜大では、矢野 雅哉(広島)の後釜としてショートに入った 田中 幹也(東海大菅生出身・3年)遊撃手の守備・走力が光る。元々セカンドとしては抜群の守備範囲の広さと動きを魅せていたが、この日は右打席から4.05秒強(左打者換算で3.8秒強に相当)の到達タイムを記録。脚力でも、プロでもトップクラスであることを証明した。まだ打撃でもしぶとさを魅せており、ドラフトまで一年あるが、来年の候補としてマークしたい。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード