FC2ブログ

川端 崇義(26歳・JR東日本)左翼

川端 崇義(26歳・JR東日本)左翼 176/80 右/右






        「指名するのなら、2,3年前だろ。」





もし彼を指名するのであれば、まさにプロ適齢期であった大卒2年目、3年目の時だったと思う。あの時は、心身とも充実して、プロでも即レギュラーになるぐらいの勢いが感じられた。しかし5年目の今年は、以前ほどの気持ちの充実、動きの切れ味は薄れていたように思える。何故今更、彼を指名したのだろうか?

(守備・走塁面)

元々身体能力は高く、外野なら何処まで守れる選手だった。大学時代は、打球への勘など関心しなかったが、そういった欠点も社会人になるに従い解消。今や落下点まで無駄のない追い方になり、俊足を生かした守備範囲の広さ、地肩も中の上レベルのものがあり、左翼を務めているのが不思議なぐらいだった。ただ以前よりも、肩の強さなど衰えつつあるのかもしれない。

一塁までの塁間は、4.2秒台で走り抜ける。これを左打者に換算すれば、3.9秒台。その俊足ぶりは、未だ健在だ。チームでもリードオフマンとして活躍することもあるが、予選の3試合で盗塁は0。ドラフト適齢期の時期には、ガンガン積極的な走塁でアピールしていたことを考えると、以前よりプレーが大人しくなってしまった印象は否めない。

守備・走力共に、プロで通用するだけの身体能力・技術を兼ね備えている。ただドラフト適齢期だった、2、3年に比べると、プレーでの積極さや身体能力に陰りが見え始めている気がしてならない。あれだけ輝いて見えた当時と比べると、今は普通の選手になってしまったなあと言う印象は否めなかった。

(打撃内容)

都市対抗本戦では、それほど目立った活躍ではなかった。もし今年推す材料となったと考えられるのは、予選の3試合で11打数6安打を放ち、核弾頭としてチームを引っ張った活躍だったのではないのだろうか。しかし本戦でのプレーを見るかぎり、以前程の「鋭さ」もなくなり、個人的には消化不良な印象は否めなかった。

<構え> ☆☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップは高めに添えている。腰の座り具合もよく、両目で前をしっかり見据えられている。全体のバランスにも優れ、地面をフミフミして自分のリズムで打席に立てている。

<仕掛け> 遅めの仕掛け

以前は「平均的な仕掛け」で始動していたのが、都市対抗では「遅めの仕掛け」を採用。以前よりも、始動が遅くボールを引きつけて叩く形に変わっていた。ただこれは意識的というよりは、恐らく調子が落ち気味で、始動が遅れてしまっていたのではないかと想像する。その理由は、始動が遅い割に、足を回しこむなど動作が忙しいからだ。これでは、速い球に遅れ気味になってしまう。

<足の運び> ☆☆☆

始動が遅い割に、足を回し込んでから踏み込むので、動作が後手後手になって振り遅れてしまっている。いつもよりも、始動が遅れて速い球に充分対応しきれなかったと考えられる。

真っ直ぐ踏み出して来るので、内角でも外角の球でも捌きたいという意志が感じられる。ただこの都市対抗の打撃を見ていると、巻き込み型になってしまって、以前ほど右方向に打てる感じがしなかった。元々は、ベース側に踏み込んだ足元がブレずに、広角に打てるのが彼の持ち味。しかし今は、上手く巻き込めない球は、捌けない印象をうける。

<リストワーク> ☆☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を作るのは早く作れており、トップの形としては申し分ない。バットの振り出しも悪くなく、コンパクトに振りぬけている。スイングの弧は小さく、フォロースルーの形にも特徴はない。ただ最後まで振り切れているので、詰まっても内野の頭を超えるような当たりが打てるのだ。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げはあるが、頭の動きは小さく目線は安定。調子が悪くなると、足元がブレて開きが我慢できなくなる欠点があるので注意したい。軸足には安定感があり、体軸を起点に綺麗な回転で打てている。逆に都市対抗を見ていると、右方向に貯めて打つという形ができなくなっている方が気になった。

(打撃のまとめ)

以前ほどギラギラするほどの打席での集中力は感じないが、ヘッドスピードや技術的な部分では、そう大きくは変わっていなかった。ただ調子が悪かったのか、始動が遅れていたり、体の開きが我慢できない悪い癖が顔を覗かせ、都市対抗の本戦では充分な内容は示せなかった。

ただこの辺の部分は、プロでの指導や本人の意識次第でも十分の調整できる範疇であり、そう大きくは悲観することはないだろう。素材そのものが、怪我などで損なわれたわけではないのだろうか。

(最後に)

やっぱり「心技体」すべての面で、2年前には指名して欲しかった選手。完全に「旬」の時期を逸しており、少し錆び付いてしまった感は否めない。

ただそれでも、そう大きく素材を損なっているわけではないので、今後修正や復活を期待できるだけの資質は持っているはず。再び本人のモチベーションに火がつけば、一年目から一軍争いを期待できる力はある。社会人5年目の選手だけに、開幕一軍・あるいはレギュラーまで含めて期待されているはずで、上手く波に乗れれば面白い存在にはなるのではないのだろうか。2年前なら一年目からレギュラーもと推せる勢いがあったが、今はあれから2年の月日が経ってしまった。そのぶん、評価は割り引かないといけないだろう。

蔵の評価:

(2011年 都市対抗)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード