FC2ブログ

永江 恭平(海星)遊撃

永江 恭平(海星)遊撃 174/77 右/左





             「凄い身体能力!」





走っては、50メートル5秒台。投げては、140キロ台後半を連発。打っては、巧打連発の野球センスが高く評価され、西武から4位指名を受けた 永江 恭平 。私はこれまで、彼の野手としての寸評を作成していなかったので行なってみたい。西武は彼を、野手として考えているようだ。

(守備・走塁面)

この選手を見ていると、プレーにはスピード感や反応の良さなどを見せるのですが、意外に不器用なタイプではないかと思います。ですから遊撃手としても、凄いプレーをする反面、結構ミスをするタイプになるのではないかと危惧します。プロでも遊撃を務められるだけの身体能力があるのですが、実はこの選手の持ち味が生きるのはセカンドや外野あたりかもしれません。遊撃手としては、あまり繊細さを感じないのが気になります。ただ地肩は、ろくに肩を作らなくても145~後半を連発できる馬力があり、プロでも深いところから素晴らしい返球を魅せてくれることを期待します。

足も塁間を3.9秒前後で走り抜けられる脚力は素晴らしいです。夏の長崎大会の5試合でも5盗塁を決めたように、ただ速いだけでなく積極的に盗塁を仕掛ける姿勢と技術を持ち合わせます。プロでも、足を売りにできる可能性を秘めた選手だと言えるでしょう。

肩・足という部分では、プロでもトップクラスに位置づけられる身体能力の持ち主。けしてそれらの身体能力に依存したプレーヤーではなく、活かす術もあります。ただここから、プロのレギュラーまで昇詰めるには、相当な精進が必要なのではないのでしょうか。そういった走塁や守備への、強いこだわりを期待したいですね。

(打撃内容)

鋭く外野手の間を抜けていったり、ツボに入ればスタンドインのパンチ力を秘めた中距離タイプ。ただスイングの感じは、石井琢朗(現広島)選手を彷彿とさせます。ただ通常当たらないような球まで捉えられてしまうので、ボール球などの見極めが悪く、選球眼には疑問を持ちます。もう少しボールを絞り込める技術を、プロでは身につけたいところです。

<構え> ☆☆☆

スクエアスタンスで両足を揃え、グリップは高めに添えた強打者スタイル。腰を沈めずに背筋を伸ばし、両目で前を見据える姿勢や全体のバランスとしては平均的。ただ小刻みに体を動かし、自分のリズムで打席に立てています。

<仕掛け> 平均的な仕掛け

投手の重心が下がりきったあたりで始動する「平均的な仕掛け」を採用。これは、中距離打者や勝負強さを売りにするポイントゲッターが多く採用するスタイル。高校では中軸を任されることが多かったので、こういった仕掛けになりました。しかしプロでは、足を生かしたプレースタイルから、よりアベレージ打者の傾向を強め、始動が幾分早くすることになるかもしれません。

<足の運び> ☆☆☆☆

体は大きくないのですが、足をしっかりと引き上げ強く踏み込んで来ます。始動~着地までの「間」も取れるので、いろいろな球に合わせることができます。踏み込みも左打者ですが、ベース側にインステップして踏み込むなど、外の球を強く叩くことを重視しています。足を生かす巧打者と言うよりも、現在は強く叩く強打者の色彩が強いです。

踏み込んで足元も、インパクトの際にもブレません。これにより外の球に対しても、開きを我慢してしっかりついて行けます。低めの球に食いついて行けるのも、この足元の粘りによるところが大きいようです。

<リストワーク> ☆☆☆

ただ残念なのは、バットを引くのが遅く「トップ」を作るのが遅れる点。バットの振り出しも、肩が入り込んでヘッドの出がスムーズではありません。それでも最後まで、しっかり振りぬく力強さと思いっきりの良さは感じます。

<軸> ☆☆☆

足の上げ下げが大きいので、目線の動きは平均的。ただ体の開きは我慢できているし、軸足にも粘りが感じられます。そのため低めや外の球にも、食らいつくができます。内角の球にも、思いっきって引っ張ってきます。

(打撃のまとめ)

膝の柔らかさなどもあり、結構低めの球にもついて行けます。ただボールの見極めが悪く、ボール球でもなんでも振ってしまう選球眼の甘さを感じます。ボールを捉えるセンス・スイングの強さ・動体視力などを見ていると、ドラフト候補としては平均的で、けして打撃に関しては図抜けた素材ではありません。今後プロの指導と本人の努力で、何処まで資質を伸ばして行けるのか注目したいと思います。

(最後に)

上背はないのですが、ガッチリしていて馬力がある選手です。その割に動きも素早く、身体能力は素晴らしいものがあります。一見なんでも出来そうな器用そうなイメージがあるのですが、意外に不器用な印象を受けます。そのへんが、どうプロ入り後でるのか気になるところ。

打撃に関しては、ドラフトボーダーレベルで微妙です。ただ守備・走力の身体能力が、プロでも上位レベルであり、その能力を上手くプレーに結びつけられると面白いと思います。プレーも攻撃的なので、プロ向きな選手だと思います。超A級の素材ではありませんが、伸ばしようによっては楽しみな選手だと言えるのではないのでしょうか。やはりプロ入り後は、野手としての活躍を期待します。

蔵の評価:

(2011年 甲子園)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード