fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2022年 大学選手権総集編(内野手編)


この春、内野手で最も評価を高めたのは、田中 幹也(亜細亜大)遊撃手ではないのだろうか。スピード感溢れる走塁が売りの選手だが、守っても広い守備範囲と動きの良さが際立った。また、甘い球を逃さず叩く「鋭さ」を持ち合わせており、160センチ台の小柄な体格でもプレーに華がある。まさに三拍子ハイレベルに揃っており、ドラフトでも2,3位ぐらいでの指名は充分期待できるだろうし、大学生の二遊間候補では屈指の評価になりそうだ。

田中と共に指名確実なレベルにありそうなのが、友杉 篤輝(天理大)遊撃手。平塚合宿などでも他の二遊間候補とくらべても、最初の一歩目の鋭さ・動作のきめ細やかさなどは頭一つ抜けていた印象。守備に関しては、一年目から一軍でやれるだけのものがありそう。打撃でも甘い球を逃さない「鋭さ」はあるものの、まだひ弱さが残り、こちらは一軍で通用するようになるには少し時間がかかるかもしれない。それでも、貴重な右打ちの遊撃手ということもあり、こちらも3位以内では消えそうだ。

大学からの直の指名は微妙だが、小松 勇輝(東海大)遊撃手も、攻守に高い能力を秘めている。大学選手権では、チームの唯一のヒットを放つなど一定の水準にあり、塁間4.05秒前後の脚力や守備力なども水準以上の持っている。逆にプロを想定すると、売りにできるほど突出したものがないと判断され、高い評価はされ難いのかも。それならばと、有力社会人チームに進んでゆく可能性は捨てきれない。

また 原田 洋輔(静岡大)遊撃手などは、左打席から3.7秒前後で駆け抜ける脚力はプロでもトップ級だと言える脚力の持ち主。リーグ戦.396厘の打撃も悪くないように見えたが、ショートとしての送球などが弱々しかったりと守備面で不安を残す形となった。ただし、脚力を評価しての育成枠あたりならば、指名があっても不思議ではない。

開幕前に行った手術の影響でDHでの出場となった 村松 開人(明治大)は、打撃ではしぶとさを魅せてくれた。すでに、一塁到達3.9秒台と脚もは回復しており、しっかり二遊間を担える守備力を秋にでも示せるようならば、滑り込みセーフでのプロ入りもあるかもしれない。

田中 幹也(亜細亜大)遊撃  166/64 右/右
友杉 篤輝(天理大)遊撃   172/70 右/右
小松 勇輝(東海大)遊撃   172/68 右/左
原田 洋輔(静岡大)遊撃   180/75 右/左
村松 開人(明治大)DH   171/76 右/左

大学からプロがあるとすれば、この5人ではないのだろうか。このうちの2~3人が、大学からプロに進むのではないかと。逆に、一塁や三塁で候補になるほどの選手がいなかったのは、今年の候補のスケールが小さく見える要因なのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード