fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

東都二部・一部レポート

東都二部を観に、等々力球場へ。私用を済ませて球場に着いた時は、すでに4回に差し掛かっていました。お目当ては、今年のドラフトでも1位指名が有力視されている 細野 晴希(東洋大4年)左腕。この日は第3戦ということで、普段は130キロ台後半の真っ直ぐを丁寧にコーナー投げ分けている感じで、ランナーを背負ったり要所では力を入れての92マイル・148キロが計測した中での最速でした。変化球は、スライダー・チェンジアップを交える形です。

特に昨秋と変わったところは、相手をみて落ち着いて投球ができていたこと。下級生の頃から実績を積み上げてきた選手だけに、同級生や下級生達相手では、見下ろして投げられる余裕が感じられました。そんな中、油断したわけではないのでしょうが、7回ワンアウトからスリーベースを浴びます。特に点差も、2-1でリードしていた場面だったので、ここでギアを上げなければいつ上げるんだといった場面でした。

しかし、その次の打者には内角を厳しく突こうとして死球を。さらに、ワインドピッチで同点になってしまいます。その後の打者二人を三振で仕留めたのはさすがでしたが、気合が空回りした形でしょうか。この日は、この回で降板することに。まぁボール的にも投球的にも、1位で競合はするのではないかと思います。ただし、今年の目玉か?と言われると、何かそこまで絶対的なものを感じないのは、ボールそのものよりも内面的な部分でしょうか? そういった精神面では、前田 悠伍(大坂桐蔭)の方が魅力は感じられます。今後も何度か観てゆくことになると思うので、いろいろな試合をみて最終的な判断して行きたところです。

等々力~神宮に移動して着いてのは、第二試合の序盤でした。青学の先発は、常廣ではなく、下村 海翔(九州国際大付出身・4年)右腕。この日の下村は絶好調で、低めやコーナーにバシバシ140キロ台後半~150キロ台前半を投げ込む気合の投球。変化球は、スライダー・カーブ・フォークなどで、スライダーは右打者の外角だけでなく、左打者の内角にも厳しく食い込ませます。昨秋などは、序盤は素晴らしくても、試合中盤に掴まるというのを繰り返していましたが、この春は最後まで調子を維持できるまでに成長。中背の体型で、今後の成長だとかよりも、現時点での完成度と気持ちで勝負するタイプです。もう少し観てみないとわかりませんが、なんとなく 則本 昂大(楽天)の大学時代と重なるものがありました。今後も好調を維持できれば、2位前後での指名も期待できそうな内容でした。

第三試合では、武内 夏暉(国学院大4年)左腕が先発。開幕週で力でグイグイ押すピッチングに変貌していて驚かされたのですが、前週はイマイチでした。しかしこの試合では、再び145キロ前後の真っ直ぐにも力があり、スライダーやチェンジアップを織り交ぜてという投球に。立ち上がりこそ失点しましたが、その後は調子をグングン上げて隙を作りません。そんなに繊細なコントロールがあるわけではないのですが、大崩れしないまとまりと制球力があります。今までは、打者としては対峙し難い気持ち悪さの残る軟投派だったのですが、今春は力で押しながら変化球を交える正統派にかわりつつあります。この状態を持続できるようならば、ドラフトでも1位の12名に入ってくるかもしれません。むしろ実戦力という意味では、細野(東洋大)よりも上のような気がします。

また亜大の先発は、草加 勝(創志学園出身・4年)右腕。適度に角度と勢いを感じさせる140キロ台中盤の速球を中心に、スライダー・カーブ・チェンジアップなどを織り交ぜ、危なげない投球をします。そういった安心感は、昨秋の最優秀防御率を獲得したことからも裏付けられています。150キロを記録しても、けして凄みのある球を投げ込むわけではありません。しかし、武内よりもコントロールは繊細で、投げミスが少ないのが特徴。もう少しボールに強さが欲しい気もしますが、その辺がさらに良くなれば、即戦力になりうる選手なのかもと。この選手も、2位・3位ゾーンぐらいではみないと行けない選手、そういった評価になってゆくかもしれません。

第一試合に登板した 西舘 勇陽(中央大)と、この日登板がなかった 常廣 羽也斗(青山学院大)こそ生で観られませんでしたが、東都の誇る有力どころを、生で観られて収穫の多い一日となりました。

細野 晴希(東洋大4年)投手 180/85 左/左
下村 海翔(青学大4年)投手 174/73 右/右
武内 夏暉(国学大4年)投手 185/90 左/左
草加 勝(亜細亜大4年)投手 182/75 右/右

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード