fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2023年夏 甲子園レポート1


大会初日第一試合・土浦日大 VS 上田西

高校NO.1ショートの呼び声高かった 横山 聖哉(上田西3年)遊撃手は、5打数1安打の結果に終わり、期待ほどのアピールはできずに甲子園を去った。甲子園の雰囲気になれなかったのか? 甘い球を打ち損じるなど元来の力を発揮できず。それでも4打席目には、鋭くセンター前にはじき返して魅せた。確かに、一度上げた足をベース側につま先立ちしてから小さくステップする打ち方で、「間」がと作り難かったりするので、けして確実性の高い打ち方ではない。それでも、スイングの孤の大きさからくるスケールの大きな打撃に、打球の鋭さには大物感が漂っていた。

むしろショートの守備では、捕ってから素早い送球に目を惹くものががあり、180センチ台の大型選手でも動きに緩慢さがないところは好いところ。動き自体はプロでもショートを担って行けそうなものを感じさせたが、時々送球が横から出てくるなどするので、プロでショートを任されるか? 任されるにしても修正を徹底されるのではないかと考えられる。

そのへんで、プロでショートが担えると評価する球団ならば3位前後、身体能力を生かしたサードや外野手あたりの人材と捉えるのであれば、そこまで打撃が突出しているわけではないので、4位前後ぐらいの評価になるのではないかと。そういった意味では、球団によって評価は別れるのではないかと考えられる。いずれにしても、今年のショートの人材としては、最上位クラスの評価で指名されそうだ。

上田西では、先発の 権田 成也(3年)右腕が、MAXで143キロを記録。ほとんどの球は130キロ台だったものの、強力なチェンジアップの沈みがあり、この球を活かせるような投球に勢いが出てくることを面白そう。

一方の土浦日大では、注目の 小森 勇凜(3年)投手の登板がないまま終了。タイブレークに絡む展開でも登板して来なかったところをみると、かなり状態が良くないことが察しられる。次戦以降の登板があるのか、気にしてみたいところだ。

春季大会では140キロ台も記録していた 藤本 士生(3年)左腕が、夏はエースナンバーを付けて先発のマウンドに。球速は130キロ台中盤ぐらいだったが、春の勢いのあるリリーフとは違い、安定した制球力とマウンドさばきで試合を作って魅せた。大学などでも、重宝されそうなサウスポー。

野手では、4番・香取 蒼太(3年)中堅手が、試合中盤で交代。チーム屈指の好打者だけに、次戦以降の活躍に期待したい。

横山 聖哉(上田西3年)遊撃 181/82 右/左
権田 成也(上田西3年)投手 178/67 右/左

小森 勇凜(土浦日大3年)投手 183/82 右/右
藤本 士生(土浦日大3年)投手 180/83 左/左
香取 蒼太(土浦日大3年)中堅 176/77 右/右

大会初日第二試合・共栄学園 VS 聖光学院

福島大会で打率.615厘と目立っていた 高中 一樹(聖光学院3年)遊撃手が躍動した試合だった。ショートの守備では抜群の動きの良さを魅せ再三の好守を魅せただけでなくはなく、出塁すれば盗塁を決めたり、セーフティバントで揺さぶったりと足でもアピール。一番を目をひいたのは、ボールを芯で捉える能力に長けている点。大学志望という話だが、U-18の代表にでも選出され周りに刺激されたら、その考えも変わってくるかもしれない。ただし、滅法肩が強いとか、そんなにスイングに凄みのあるタイプではないので、大学の4年間で実績を残してからでもという考えもありではないかとは思えてくる。前出の横山のような凄みのある素材というよりも、野球センスに優れた上手いタイプ・良く知っているタイプといった気がする。仮にプロ志望届けを出した場合でも、本会議中で指名されるぐらいの存在感は示していたとは思うのだが。個人的には、守備や走力よりも、ミート力のある打撃の才能を一番推したい。

また 杉山 由朗(聖光学院3年)捕手も好選手だった。左投手のワンバウンドするような変化球を再三ブロックする、ワンバウンド処理の動きの良さはぴかいちだった。信念を持って内角を攻め続けられる強気のリードに、グランドをコントロールできる捕手としてのスキルは非常に高い。3安打放った打撃に特別なものは感じられなかったのと、捕ってから素早く投げようという意識が強すぎて、しっかり型を作ってから送球できないので、球筋が不安定なのは気になった。テンポの良いリードは良かったものの、少しプレーが雑に見えてしまったのは残念。それでも、大学で基礎を大事に磨ければ、将来可能性を持った捕手であるようにみえた。そういったセンスは、今年の高校生でも全国でトップラスではないのだろうか。

他には、4番の 三好 元気(3年)中堅&右翼手は、一塁までの到達タイムが右打席から 4.2秒前後(左打者換算で3.95秒前後に相当)するなど、強打者ながら身体能力を兼ね備えている。右の強打の外野手ということで、今後の試合でもどんな活躍を魅せてくれるのか注視したい。

一方の共栄学園では、1番を打つ 笹本 裕樹(3年)遊撃手の打撃が光っていた。また、下級生ながら130キロ台後半のボールを投げていた 田嶋 勇斗(2年)右腕も、まだ恵まれた体を活かしきれていないところはあるものの、来夏には140キロ台を連発するような存在になっていても不思議ではない可能性を感じさせる素材でした。

高中 一樹(聖光学院3年)遊撃 177/76 右/右
杉山 由朗(聖光学院3年)捕手 177/83 右/左
三好 元気(聖光学院3年)中堅 175/75 右/右

笹本 裕樹(共栄学園3年)遊撃 179/79 右/右
田嶋 勇斗(共栄学園2年)投手 184/82 右/右

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード