FC2ブログ

祖父江 大輔(25歳・トヨタ自動車)投手

祖父江 大輔(25歳・トヨタ自動車)投手 174/71 右/左 (愛知大出身)





            「課題を克服しつつある」





祖父江と言えば、150キロ近い速球を投げられても、球速ほどボールが来なかったり、変化球も高めに入るなど欠点が多かった。そのため、再び解禁となった社会人2年目には指名されず。ある意味プロ入りには、ラストチャンスの年だと言っても過言ではなかった。しかし彼は、この一年の間に、大きく課題を克服してきたことに驚かされる。

(投球内容)

ストレート 常時142~146キロぐらい

他球場に比べ3~5キロ程度厳しめの東京ドームであることを考えると、コンスタントに145キロ前後~150キロ近い球速は出ていた計算になる。そう考えると、スピード能力自体は以前とそれほど変わっていない。球質自体も、ストレートで空振りを誘う場面は少なく、それほど手元で伸びているとか、切れているといったほどの印象は受けない。それでは何が変わったのか?というと、ボールをコースや低めに安定して投げられるようになってきた。特に低めへの意識が強くなり、丁寧に投げている印象を受ける。またストレートはあくまでも見せ球であり、これで押そうという意識が薄れたことが、余計な力みを生まない要因になったのではないのだろうか。時々高めに甘く入ることはあるが、全体的には低めやコースに集まっている。

変化球 縦横のスライダー・チェンジアップ

元々ストレートとスライダーの単調なコンビネーション投手との印象が強かった。しかし今は、縦に沈むスライダーを多投することで、相手に迷いが生まれさせている。横滑りするスライダーも、右打者の外角低めに切れ込み、打者の空振りを誘える。更に左打者にも、外から入って来る外スラを活かし痛手を食い難い。

更にフォークだかチェンジアップのような縦の変化もあり、左右・高低を活かし、更に球速・曲がりの変化で多彩なコンビネーションを作り出している。以前のような単調な配球でもなければ、変化球が甘く入るケースも格段に減っている。そういったピッチングを、長いイニングに渡って継続できる精神力も養った。

その他

牽制に関しては平均的で、あまり積極的に刺しに行くことはない。フィールディングも、他に取る選手がいれば任せるように、自分自身はあまり自信がないようだ。クィックは1.0秒前後で高速になり、昨年よりも更に素早く投げ込めるようになってきた。

(投球のまとめ)

元々淡々と投げ込んで来るタイプで、配球も単調だった。しかし今は、かなり意識を集中させ、コースや低めに丹念に投げ込んで来る。「間」を上手く扱うタイプではないが、その分多彩なコンビネーションで相手を翻弄。単調で抑揚にかけるピッチングだったのを、上手く配膳できている。

高めに甘く入る失投も減り、投球も安定。ただ相手にとって苦になるフォームではないので、高めに甘く入った球は痛打を浴びることも少なくない。また好投した次の試合ではあっさり序盤でK.Oされるなど、日によっての調子の波もあるようで、まだまだ絶対的な安定感を身につけているとは言えないようだ。

(投球フォーム)

<広がる可能性>

引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻を一塁側に落とせるフォームではありません。そのためカーブで緩急をつけたり、縦に鋭く落ちるフォークのような球種には向いていません。しかし縦のスライダーやチェンジアップで、鋭い落差はありませんが、相手に狙いを絞らせません。

ただ「着地」までの粘りはもう一つで、あまり好い変化球を身につけられるタイプでは元来ない。その割には、上手く変化球を活かすピッチングができるようになった。

<ボールの支配>

グラブを最後まで内に抱えられているので、両サイドの制球は安定。「球持ち」も悪くないので、指先の感覚でもある程度ボールをコントロールできている。ただ足の甲の押しつけは、変化球の時は比較的長く地面を捉えられているが、ストレートの時は浅くその時間も短い。そのため意識が集中している時は低めに集められるが、疲れから指先の感覚が鈍ってきたり、集中力がとぎれると高めに浮きやすい。どうしてもストレートに凄い球威があるとか、伸びがあるわけではないので、ポカを喰らうケースが多くなる。

<故障のリスク>

お尻を落とせるフォームではないが、カーブやフォーク・シュート系の球を無理に投げないので肘への負担は少なそうだ。ただ腕の角度に少し無理があるので、肩への負担は少なくなさそう。特にリリーフなどで連投が続くような時は、アフターケアに注意したい。

<球の行方>

「着地」までの粘りがイマイチで、打者としてはタイミングが合わせやすい。また身体の「開き」も早いので、球筋はいち早く読まれる欠点がある。コースを突いた球でも、高めに浮けば踏み込まれて痛打を浴びてしまう。

振り下ろした腕は身体に絡み、速球と変化球との見極めは難しい。ただボールにあまり体重が乗せられておらず、打者の手元まで球威のある球や生きた球が行き難い。球速はあるが、棒球になりやすいので注意したい。

(投球フォームのまとめ)

投球フォームとしては「着地」「開き」「体重移動」と課題を抱えており、打者としては苦にならないフォーム。そのため多彩なコンビネーションで相手を翻弄することで、投球を成り立たせている(これまでは、それが出来なかった)。ただ冷静に対処出来るときは良いが、それができないと一気に打ち込まれる危険性は、未だにはらんでいる。

(最後に)

この一年で大幅に欠点を改善し、それでいて球速を落とすようなことは無く進歩できた点は高く評価する。低めに140キロ台中盤を集められるのだから、やはり評価をしないわけには行かないだろう。

ただ時々高めに甘く浮いたり、日によっての波もまだあるようで、全幅の信頼はおけない。そのため上位指名候補と言うほどの内容ではなく、中位~下位でならといった位置づけだろう。

ただ一年間でここまで改善できた意識の高さとセンスは評価して、指名リストに名前は残したいところ。今年はプロ入りの、最大のチャンスではないのだろうか。

蔵の評価:☆☆

(2012年 都市対抗)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード