FC2ブログ

安楽 智大(済美1年)投手

安楽 智大(済美1年)投手 186/87 右/左




                「まさに怪物」





こういった言葉を安っぽく使うのは嫌いなのだけれども、186/87 の骨太の体格から、1年生ながら150キロを越えるストレート投げ込むその姿は、この言葉を使わざる得ない。この怪物、ただ球が速いわけではない。あの名将・上甲監督をして「志しが高くていうことがない」と言わしめるだけの選手であり、実際その投球でも頭の良さと意識の高さを感じさせる。こういった馬力型の投手で、そういったものを感じさせてくれる選手は、極めて稀だと言えよう。

(投球内容)

ノーワインドアップながら、堂々とマウンドに足を広げて立ちはだかります。足を勢いよくグッと引き上げるのですが、軸足一本で立った時に膝から上が真上に伸びきることなく、適度に余裕があるので余計な力みが入らないのが素晴らしいところ。

ストレート 常時140~MAX151キロ

投球の7割ぐらいは、ストレートで組み立ててきます。普段は、打者の外角にキッチリボールを集めて来る。またボールが先行すると、140キロ前半の球速で少し力を抜いてカウントを整えてきます。そのため四球で自滅するといった、そういった危うさはありません。

勝負どころになると、145~150キロ級の力を入れたボールを投げ込みます。思わずこの時の球がビシッと決まった時は「うぉ~」と声をあげてしまう代物。ただフォームとしては、「開き」が早く比較的合わせやすい特徴があります。それを球威と勢いで、圧倒しようとします。

変化球 スライダー・カーブ

非常に上半身の腕の振りが強いので、スライダーの曲がりの幅が広いのが特徴。曲がりが大きく空振りは誘えますが、更に腕の振りが強くなると曲がり過ぎて見極められてしまう可能性があります。これは、腕の振りが強すぎる選手に見られる傾向で、こういった選手はカットボールなどを身につけた方がコントロールも、投球としても実戦的になります。一応カーブのような緩い球もありますが、余裕がない時は使いません。

その他

牽制に関しては、平均~中の上ぐらい。クィックは、1.0~1.2秒ぐらいにまとめるなど、まずまず。フィールディングも上手く、総合的な野球センスの高さを伺わせます。

(投球のまとめ)

自分の身体の力の入れ加減を調整できるので、カウントを整えたり、メリハリがつけられます。特に「間」を意識するとか、微妙な駆け引きやコースの出し入れをするような投球術の巧みさはありませんが、投球を適度にまとめるセンスがあります。

野球への意識も高そうですし、創意工夫も重ねて問題意識も改善して行けそうなタイプ。いったい3年夏までには、どのぐらいの投手になっているのでしょうか。今から、非常に末恐ろしい存在です。素材に頼りきらないところは、世代を引っ張って行ける資質をの高さ感じます。

(投球フォーム)

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げ足をかなり二塁側に送り込んで、中々ピンとまっすぐ伸ばしません。その分、身体を捻り出す時間が遅れてしまい、十分な捻り出す時間を確保できているのかは微妙です。それでもお尻が一塁側に落とせているのには、好感が持てます。そういった意味では、カーブで緩急をフォークで空振りをの可能性は感じられます。

「着地」までの粘りは、捻り出しが遅れるために、十分かと言われると疑問です。現状、絶対的な変化球がないのも、ここが影響しているのかもしれません。方法としては、足をピンと伸ばす動作を、幾分早く明確にすべきではないのでしょうか。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは最後まで内に抱えられているので、両サイドへの投げ分けは安定。ただ足の甲での地面の押しつけができず、膝小僧は地面についていても、スパイクが立ってしまいエッジが活かせていません。そのためストレートは、真ん中~高めに集まりやすいのではないのでしょうか。「球持ち」・「指先の感覚」といった意味では、平均的ではないかと思います。現状は、外角にはボールを集められますが、少しボールが高いことが多いですね。

<故障のリスク> ☆☆☆

お尻は一塁側に落とせるのですが、捻り出しが遅れるぶん、多少身体への負担はあるかもしれません。腕の角度も結構つけているのですが、それほど無理な投げ下ろしではないので、負担は大きくないように見えます。ただ上体を尋常じゃなく強く振るので、フォームに無理が少なくても疲労の蓄積は十分考えられます。アフターケアには、十分に注意して、取り組んでほしいとおもいます。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りは平均的ですが、やや「開き」が早くなっている影響で、球筋をいち早く読まれてしまいます。そのため、これだけの豪球の割りには、意外に空振りが奪えないで合わせられてしまうケースが目立ちます。

腕の叩きつけは素晴らしく、中々ここまで腕が振れる選手はいません。これで好い変化球を身につけられたら、中々見分けるのは困難でしょう。逆に緩んでしまうと、余計に目立つ危険性もはらみます。

ボールに体重を乗せるのは結構上手く、力を入れた時のボールの力感・勢いにはみるべきものがあります。けして上半身だけで投げているフォームではありません。あとは、指先の感覚を磨いてもっとボールにバックスピンがかけられるようになると、更に回転の好い球が期待できるのではないのでしょうか。

(投球フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「体重移動」「開き」の観点でいえば、「体重移動」こそ素晴らしいのですが、「球持ち」「着地」は平均的、「開き」に関しては課題を残しています。意識の高い選手なので、この辺の難しい問題も、改善して行こうときっとすることでしょう。

「開き」を修正する場合は、無理に前の開きを抑えようとするのではなく、突き出すグラブを斜め前に差し出すなど、打者に対し身体がまっすぐになる時間を減らすことです。開きを無理に抑えようとすると、腕が振れなくなり、強い腕の振りが妨げられてしまうので注意が必要です。

(最後に)

この投手は、ただ破格に球が速いとか、凄い投球をするという素材型ではけしてありません。非常に意識も高いので、これから大きな故障や方向性を間違わない限りは、かなりの確率で伸びて行けることでしょう。

その成長を、段階を踏んで感じることができるタイプであり、世代を引っ張って行く存在になってくれるはず。多大な期待をかけても、きっとそれに応えてくれると思います。全国のみなさん、選抜を期待して待っていてください。

(2012年 秋)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード